トッピー☆の一口馬主

アクセスカウンタ

zoom RSS 【プリンシパルスター】4歳上500万下・'17.05.14(16着) ツケが。。。

<<   作成日時 : 2017/05/15 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/15 <レース結果>
5/14日(日)京都8R 4歳上500万下〔芝1,600m・18頭〕16着[12人気]
まずまずのスタートを決めると、道中は5番手辺りを追走、勝負どころから徐々に前を窺いに行きますが、直線に差し掛かる辺りで反応が鈍くなり、そのままズルズルと後退し、16着に敗れています。
和田竜二騎手「返し馬では力むところを見せていたものの、すぐに収まって落ち着いてくれました。好スタートを決めてくれましたし、もう少し良い競馬ができると思いましたが、終始力み通しでしたね。それに勝負どころから促していくと、自分で走るのを止めてしまいました。どこかで息を入れるところができれば良いのかもしれませんが、短い距離を使ってきただけに、1本調子なところが体に染みついてしまっているのかもしれません」
斉藤崇史調教師「追い切り前に馬体を測った時は450kg台を維持していたので、まさかここまで馬体重が減っているとは思いませんでした。発汗は酷くなかったですし、見た目も細くは映らなかったので、レースには問題なかったと思います。これまで短い距離で余裕のないレースをしていたように感じたので、この中間はコース主体で長めからゆったり追走し、終いを活かせるような調教を行ってきました。だいぶリラックスして走るようになりましたが、いざレースに行くと終始力み通しでしたね。あえて出遅れ気味に出して、じっくり構えるのも手かもしれませんが、それより少しでも力むところを改善しないといけませんから、できる限り調教で工夫していきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認してから、このまま厩舎で調整するか、一旦放牧に出して立て直すか検討したいと思います」




馬体がかなり減っていましたが細くは見えませんでした。

パドックでは落ち着いていましたし去勢の効果があったと思います。

道中は好位で上手く折り合っていると思っていましたが、実際は終始力み倒しだったようで直線では余裕がありませんでした。

短距離を使ってきたツケがまわってきた感じです。

単に能力不足や早熟だったかもしれませんがどちらにしろ厳しい現実をつきつけらた感じです。

今後は続戦か立て直すか両睨みとのこと。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
【プリンシパルスター】4歳上500万下・'17.05.14(16着) ツケが。。。 トッピー☆の一口馬主/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる